第4弾 肩甲骨周り・背中の痛みがある人は必読の記事 (動画解説付き)

とうとう、シリーズ4まできました!!

 

第4弾 肩甲骨周り・背中の痛みがある人は必読の記事

 

前回の記事はこちら

前回では、腹筋や背筋が弱いと肩こり・腰痛になるという都市伝説について書きましたが

運動音痴の話とも絡めて解説させていただきました。

ではでは、本日は背中周りの筋肉の緊張を改善する(リラックスさせる)方法について書いていきまーす!

 




【関節が硬いと筋肉も硬くなる!?】

筋肉が硬くなるとストレッチしても全然伸びない!!!

日頃から運動不足を感じている方であれば、そんなことを日々痛感しつつ

『私も歳なのかなぁ〜』って思っちゃたりしますよね。

でもそれってあんまり年齢関係ありません。笑

単純に動かさなくなったり、体に痛みを感じたり

色々な過程を得て、硬くなっちゃったんです。

 

筋肉が硬くなったから→関節が硬くなった

関節が硬くなったから→筋肉が硬くなった

 

この順番に関しては、人それぞれですので、ここでは書いていきません。

 

でも、体が柔らかくなると心も体もスッキリしますよ〜

 

【関節を緩めると筋肉も柔らかくなる!?】

関節を緩めるってのもちょっと語弊がありますが、イメージとしてそんな感じで良いと思います。

とにかく関節可動域を改善してあげると

筋肉の柔軟性も改善されてきますよ。

 

その方法とは

関節をゆらゆらと揺らしてあげる

ただそれだけなので、『え〜!』ってなりそうですが、マジです。

 

 

まあ、今回も例によって動画で解説していきます笑

 

①胸椎モビリゼーション

手をフォームローラーの上に乗せます。

この時に腕の力をポールに預けるような感覚で脱力出来るように意識しましょう。

胸椎=胸の背骨 です。

背骨から揺らすように回旋させていきます。ストレッチされているような感覚でも結構ですが、慣れてきたら揺らすようなイメージで

下位胸椎モビリゼーション

と書いてありますが、角度を上に変えてあげると下の方の背骨も柔らかくなる

つー話です。

 

②腰椎モビリゼーション

こちらは、腰の背骨です。

膝とくるぶしをポールに乗せます。

先ほどと同じように脱力させます。

そのままゆらゆら揺らしましょう。

あとは、角度も変えた方が良いのですが、まあさっきと一緒ですよ。

 

 

という感じで

今回もフォームローラー(ストレッチポール)を使用しましたが

私がなぜフォームローラーばっかり使うのか!?

もしかしてフォームローラーの回し者なのか。そう思われても仕方がないくらい使っていますが。笑

単純にセルフケアとして実践してもらい易いからです。

みなさんのためなのです。笑

 

真面目に効果は抜群ですので、オススメですよ。

 

 

 

 

パーソナルトレーニングが  月々 3,240円〜

KAZ Fitness Center

詳しい料金はこちら

 

治療の初診料は、800円〜

詳しい料金はこちら

 

札幌市東区でスポーツに特化した整骨院 ひのまる整骨院
札幌市東区北39条東8丁目1-8
TEL    011-790-6910
E-mail     kazune.s.13@gmail.com
LINE     @ogh8295v

ラインからも予約出来ます
友だち追加数

営業時間

月 9:00~21:00

火 9:00~21:00

水 9:00~21:00

木 9:00~21:00

金 9:00~21:00

土 9:00~13:00

※日祝お休み お昼休み12:00~15:00

ダイエットガイドブックの画像

札幌でパーソナルレーニングなら"ひのまる整骨院"

今なら「ひのまる整骨院の記事を見た!」でパーソナルトレーニングの無料体験を受けることが出来ます。 下記のボタンをタップして予約フォームへ進むかお急ぎの方は、011-790-6910までお電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です