本当に必要なストレッチとは?

【ストレッチの種類】

 

ストレッチと一言で言ってもストレッチにも種類があります。

スタティック・ストレッチ(静的ストレッチ)

ダイナミック・ストレッチ(動的ストレッチ)

意外と知らない方は多いのです。

 

【スタティックストレッチ VS ダイナミックストレッチ】

 

さて、必要なのはどちらなのでしょう?

結果的に勝敗はありません。

物凄く色々な事柄を省いて解説すると

スタティックストレッチ=練習終わり

ダイナミックストレッチ=練習前

という話になります。

【スタティックストレッチ とは?】

静的ストレッチなので、要するに動かないストレッチです。

みなさんが普段何気なく筋肉を伸ばしているアレです。笑

参考までに動画をどうぞ

USAではストレッチバンドが大人気ですね。

日本に来ている外国人アスリートは大概ストレッチバンドを使ってアップしているので試合観戦に行く機会でもあったら

見てみてください。笑

 

【ダイナミックストレッチ とは?】

こちらは日常生活ではあまり見かけません。

ですが、静的ではなく動的ということで動きながらストレッチをするって感じですね。

一昔前にブラジル体操とかサッカーで流行りましたよね。

アレです。

部活でもきっとメニューに組み込まれているはずです。

しかし、本当にこれをストレッチとして

筋肉を伸ばしていることを意識して

実践出来ている選手は少ないです。

なぜなら結構難しいからです。そしてダイナミックストレッチこそ専門的な知識が必要になります。

【ストレッチは出来る限り実施していきましょう】

ストレッチは重要です。

昨今、静的ストレッチは良くないというような風潮があります。

しかし、静的ストレッチを無くして可動域を維持することは困難極まりないです。

なぜなら日常生活の中に潜む私たちの天敵(筋肉の柔軟性を奪う要素)は、非常に多いです。

例えば、いつもなら睡眠時間6時間のところ

うっかり飲みすぎて10時間寝たとします。起きたら身体がガチガチです。

友人に用事があったので電話をしたところ、うっかり話が弾んで2時間も長電話してしまった。

完全に身体はガッチガッチです。

もううっかり八兵衛も良いところでしょう。笑

 

ということで、みなさんもストレッチをして身体の柔軟性を維持

そして軟部組織(筋肉とか)が硬くならないように

障害予防に努めましょう!

 

私のチームにストレッチの指導に来てくれないかしら?なんて方はお問い合わせ下さい。

チーム単位の出張は1人500円です。

 

 

 

パーソナルトレーニングが  月々 3,240円〜

KAZ Fitness Center

詳しい料金はこちら

 

治療の初診料は、800円〜

詳しい料金はこちら

 

札幌市東区でスポーツに特化した整骨院 ひのまる整骨院
札幌市東区北39条東8丁目1-8
TEL    011-790-6910
E-mail     kazune.s.13@gmail.com
LINE     @ogh8295v

ラインからも予約出来ます
友だち追加数

営業時間

月 9:00~21:00

火 9:00~21:00

水 9:00~21:00

木 9:00~21:00

金 9:00~21:00

土 9:00~13:00

※日祝お休み お昼休み12:00~15:00

ダイエットガイドブックの画像

札幌でパーソナルレーニングなら"ひのまる整骨院"

今なら「ひのまる整骨院の記事を見た!」でパーソナルトレーニングの無料体験を受けることが出来ます。 下記のボタンをタップして予約フォームへ進むかお急ぎの方は、011-790-6910までお電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です