脂肪は筋肉にならない!筋トレ初心者が脂肪だけを落とす4つの法則

ケトルベルでトレーニングしている女性の写真

脂肪をつけてから筋肉に変える。

あなたも1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

実際に私も脂肪は筋肉に変わるのだから、1度太るのが良いんだと思っていました。

しかし、そんな事実は一切なく、筋肉と脂肪は全く別の物質だということがわかったんです。

え?だったら筋肉をつけるにはどうしたら良いの?と感じる方も多いと思います。

そんなあなたには太らずに筋肉をつけることが出来る理由と、脂肪と筋肉の違いについてご紹介していきます。

ダイエットをするなら筋肉は落とさずに脂肪を減らして行く必要があります。

この記事を見れば筋肉と脂肪の違いについて学べるので、今後のダイエットに役立つと思います。

一緒に見ていきましょう!

脂肪が筋肉に変わることはあるの?

脂肪が筋肉に変わるというのは私も何度も耳にしてきたことです。

そして実際に、脂肪が筋肉に変わると思っていました。

もし本当に脂肪が筋肉に変わるなら、一旦太った方が良いですよね。

女性の脂肪の写真

 

筋肉と脂肪は完全に違うものだから変わらない

筋肉はタンパク質から出来ていますが、脂肪は主に脂質から作られています。

そもそも筋肉と脂肪は別の物質なので、脂肪が筋肉に変わることはありえないんです!

脂肪が筋肉に変わるという言葉が広まっているのには、恐らく次のような理由が考えられます。

上記の2つが誰でもわかりやすいように、脂肪が筋肉に変わると言われてきているのではないかと考えられます。

実際にはありえないことなので気をつけましょう!

 

筋肉太りという現象はない

筋肉太りしてしまったという方の多くが

  • ダイエットで筋トレしていたのに筋肉がついて太ってしまった
  • 昔にスポーツをやっていたため筋肉太りしてしまった

このようなことを仰っています。

しかし、結論から申し上げると筋肉太りという現象はありません…

次からその理由をご説明していきます。

 

ダイエットで筋トレをしていたのに、筋肉で太ってしまった。

こちらは筋肉が脂肪よりも重いことから起きてしまう現象です。

筋トレをして筋肉がつくと体重は増えますが、あなたが目指しているものは体重の減少ではなく、スタイルの良い体づくりではないでしょうか?

筋肉がついても脂肪が落ちて入れば引き締まった体になるはずなので、筋肉太りなんてことにはならないんです。

 

昔にスポーツをやっていたため筋肉太りしてしまった

過去にスポーツをやっていた時に筋肉がついていて、今はそれが筋肉太りの原因になっているというものです。

現在も運動を継続している方だと筋肉があまり落ちず、スポーツをしていた頃の筋肉のままなので筋肉太りが気になるかもしれません。

ですが、現在あまり運動をしていない人は筋肉は確実に減っているので、筋肉太りという現象は起きないんです。

あまり運動をしていない人が筋肉太りとして気になるのには、カロリーオーバーで脂肪がついてしまっていることが原因の場合がほとんどです。

現役時代はハードにトレーニングをしていたため、相当なカロリーを消費していたと思いますが、引退してトレーニングを行わなくなると消費カロリーは激減します。

ここで食事の量が減って入れば脂肪が増えることはありませんが、多くの人は食事の量も以前と変わらないままなんです。

その結果、脂肪が増えてしまったというのが筋肉太りの正体だったんですね。

 

筋肉を落とさずに脂肪を減らす方法

筋肉が多い方が代謝が良いということは、既に多くの人が知っている事実です。

ということは、筋肉はあまり落とさないで脂肪だけが落とせたら良いなぁ、と考える方も少なくないと思います。

ここでは筋肉をなるべく落とさずに、脂肪を減らす方法をご紹介していきます。

筋肉を1gも落とさずにダイエットすることは出来ませんが、なるべく筋肉を落とさないようにすることはできるんです。

タイヤトレーニングの女性の写真

 

筋トレをして筋肉量を維持する

筋肉は筋トレをしないと落ちていく仕組みになっています。

歩行や生きていくために必要な筋肉は減ることがありませんが、余分な筋肉は落ちていくようになっているんです。

筋肉は消費カロリーが多いので、燃費が悪いエンジンみたいなものなんですよね。

筋トレをすることで筋肉は傷つき、修復される過程で大きくなります。

何もしないでいるとこの筋肉は不要だということで減らされてしまうので、必ず筋トレは行うようにしましょう。

現役トレーナーが教えるジムに通って絶対痩せられる方法 筋トレメニュー付き

2017.10.30

ダイエットが自宅で出来る最強トレーニング8選 トレーナー監修

2017.11.05

 

タンパク質を体重の1.5倍以上摂取する

筋肉はタンパク質からできています。

タンパク質が不足すると筋肉はどんどん分解されてしまいます。

筋肉の分解を防ぐためにも、体重(Kg)×1.5g以上は摂取するようにしましょう!

筋肉を効率よくつける為に絶対守るべき5つのルール

2018.02.27

 

極端な食事制限をしない

ダイエットをするときは食事制限は必要ですよね。

食事制限でカロリーを極端に抑えると体がエネルギー不足になり、筋肉からエネルギーを作りだそうとします。

基礎代謝よりもカロリーを低くしてしまうと体調も悪くなってしまうので、正しい方法で食事制限は行いましょう。

食事制限をしてもダイエットが上手くいかない人の6つの原因

2018.02.06

 

有酸素運動をたくさんするのを控える

有酸素運動を多くしてしまうと、筋肉が細くなります。

マラソンランナーは全体的に引き締まっているイメージがありませんか?

筋肉は燃費が悪いので少ない方が長い間走ることができるんです。

有酸素運動を多く行うと、筋肉が長時間運動に適応しようとして段々と細くなっていきます。

体重を減らすには有酸素運動も大事ですが、多くやりすぎると筋肉の減少に繋がってしまいます。

筋トレの割合を増やし、有酸素運動は多くなりすぎないようにしましょう。

 

太ってから筋トレした方が筋肉はつく?

太ってから筋トレした方が筋肉がつくとはよく言われていますよね。

しかし、それだと誰もが1度太る必要があり、健康によくありません。

そんな健康に良くないことを、トレーナーや医師などが本当に勧めるのでしょうか?

 

 

少し太っている女性の写真

 

太ってからではなく太るほど食べないと筋肉はつかない

筋肉はカロリーオーバーにすることで増やすことができます。

常に筋肉は分解と合成が行われていますが、カロリーが足りないと筋肉は分解が頻繁になってしまうんです。

そのため、筋肉をつけるなら太るのを恐れずにたくさん食べる必要があります。

簡単に言うとたくさん食べならが筋トレをすると、筋肉がつきやすくなるんです。

これが一旦太ってから筋トレをした方が良いという、間違った解釈になってしまってたんです。

 

痩せているから筋肉がつかないのは間違いだった

痩せている方が筋肉がつかないと言われているのは、単純にカロリー不足だからです。

だからと言って一旦太る必要はなく、今よりもカロリーを多く摂るように意識しながら筋トレをすると筋肉はつきます。

痩せていて筋肉がつきずらいなと思っている方は、今よりもたくさん食べることを意識しましょう。

 

筋肉と脂肪はミルフィーユ状態にならない

以前に激しい運動をしていた方に多く、筋肉と脂肪が重なり合っているのがミルフィーユ状態です。

しかし、ミルフィーユのような状態にはなることは一切ありません。

脂肪の上に筋肉がつくことは解剖学的、生理学的に見てもありえないのです。

もしかしたらミルフィーユ状態になっているかも?と感じた方は、恐らく脂肪が増えてしまったかむくんでしまった可能性があります。

脂肪が増えてしまった方はダイエットを、むくみが原因の方はむくみの解消をしましょう。

プロのトレーナーが教える 人気のダイエット方法 ベスト4

2017.10.23

足のむくみ解消するマッサージとたった5分で出来るストレッチ法

2018.01.04

 

筋肉と脂肪はどちらが重いのか

筋肉と脂肪はどちらが重たいのでしょうか。

もし筋肉の方が重たいなら、体重的には筋肉をつけないほうが良い気もします。

しかしながら、あなたがダイエットをしている理由は、体重を減らしたいからではないはずです。

筋トレをしている女性の写真

 

筋肉の方が1.1倍omと言われている

実は、脂肪よりも筋肉の方が1.1倍重いのです。

たったそれだけ?と思う方もいるかもしれませんが、これが10Kgの筋肉と脂肪だったら1Kgの差が出てしまいます。

実際に体脂肪はもっとあるのでかなりの差が出てきてしまうんですね。

さらに、下記に載せている画像の通り、同じ重さの筋肉と脂肪は大きさも全く違います。

右にある赤いものが筋肉で左は脂肪ですが、明らかに大きさに差がありますよね。

同じ体重でも筋肉が多い人の方が体が引き締まって見えるのはこのためだったんです。

 

ダイエットでは体重ではなく見た目が大事

あなたもダイエットを始めたのは体重を減らしたいわけではなく、美しくカッコいい体を手にいれるためではないでしょうか?

体重だけにとらわれると本当は痩せているのに、痩せていないと勘違いをしてしまいます。

ダイエットでは筋トレをすることがとても大切ですが、筋肉は脂肪よりも重いので体重が増えるか、変わらないことがあります。

ここでカロリーをさらに落としてしまうと筋肉量が減り、痩せづらい体を作ってしまいます。

ダイエットをする際には体重だけにとらわれず、本来のかっこいい体を手にいれるということを忘れないようにしましょう。

そうすれば体重に縛られることがなく、理想の体を手にすることができるはずです!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

筋肉は脂肪と全く違う物質で重さや、大きさも異なります。

これを理解しているのと理解していないのでは、ダイエットの進み具体にも影響があります。

ダイエットでは筋肉をなるべく落とさずに、脂肪を減らして行くことが大事です。

ここで体重だけを気にしてしまうと、本当は効果が出ているのに出てないと感じてしまい、カロリーをもっと減らすことになります。

カロリーを減らしすぎて筋肉量が落ちることは十分にありえます。

決して無理なダイエットにはならないように気をつけましょう。

ダイエットガイドブックの画像
ケトルベルでトレーニングしている女性の写真

札幌でパーソナルレーニングなら"ひのまる整骨院"

今なら「ひのまる整骨院の記事を見た!」でパーソナルトレーニングの無料体験を受けることが出来ます。 下記のボタンをタップして予約フォームへ進むかお急ぎの方は、011-790-6910までお電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です