ダイエットに最適なフルーツ10種を徹底比較!痩せる3つの食べ方とは

fruit-image

※ダイエットやトレーニングの結果・効果には個人差があります

フルーツはダイエットや美容にもよく、食べると綺麗に痩せることができます。

ですが、甘いフルーツは、ただ食べるだけだと太ってしまう可能性があります。

そこで、今回の記事ではダイエットに効果的なフルーツの食べ方をご紹介します。

ダイエット向きのフルーツもご紹介するので、食べるフルーツに困ることはありません。

読み終えた頃には、ダイエットに効果的なフルーツの食べ方がわかり、今日からでも実践したくなるでしょう!

フルーツを食べると1週間で3Kg痩せる

フルーツは食べ方を守るだけで、1週間に3Kg痩せることもできます。

テレビ番組「ピラミッドダービー」では、タレントの住谷杏奈さんが1週間で-3.4Kgを達成しました。

フルーツは低カロリーなことに加えて、ダイエットに効果的な成分が含まれています。

さらに、フルーツには美肌になるビタミンや、デトックスができるミネラルが豊富に含まれています。

つまり、食べるだけで綺麗に痩せることができるのです。

次の章からは、どんなフルーツがダイエットや美容に向いているのかご紹介します。

 

ダイエットに良いフルーツの条件

フルーツはカロリーが低い代わりに、糖分が多いので太りやすいものもあります。

ここでは、フルーツを食べてダイエットをする際の、フルーツの選び方をお伝えしていきます。

そうすれば、どんなフルーツがダイエットに向いているのかわかるようになるので、ダイエットに失敗することがなくなります!

ダイエットに良いフルーツの条件

まず、1つ目の条件から見ていきましょう。

今すぐにダイエット向きのフルーツが知りたい人は、ダイエットにおすすめのフルーツ10選をタップしてください。

 

水分が多いフルーツ

水分が多いフルーツはダイエット向きといえます。

なぜなら、水分が多いほどカロリーと糖分が低くなって太りにくいからです。

例えば、いちごやグレープフルーツは約90%が水分です。

ダイエット中にフルーツは食べるときは、なるべく水分が多いフルーツを選ぶようにしましょう。

水分量が多いフルーツ
いちご
グレープフルーツ
もも
夏みかん
 ラズベリー

 

食物繊維が多いフルーツ

食物繊維が多いフルーツは、キウイやイチジクなどがあります。

食物繊維は脂肪の吸収を抑えたり、満腹感を出したりしてくれるので、ダイエットに欠かせない成分です。

便秘がちな人は、便秘の解消をすることもできます。

フルーツに含まれる食物繊維が多いほど脂肪が減りやすいので、キウイやイチジクなどを選ぶことをおすすめします。

食物繊維が多いフルーツ
いちご
グレープフルーツ
もも
夏みかん
 ラズベリー

 

ビタミンミネラルが多いフルーツ

ビタミンミネラルが多いと、脂肪が燃焼されるだけではなく、デトックス効果も期待できます。

特にビタミンは脂肪の燃焼をサポートしてくれるので、不足してしまうと痩せにくくなってしまいます。

ビタミンの中でもビタミンCは美肌になる成分なので、女性に欠かせません。

また、ミネラルであるカリウムは余分な水分を体から出してくれるデトックス効果を持っています。

このようにビタミンミネラルは脂肪を燃焼するだけではなく、美容効果もあります。

下の表にビタミンミネラルの多いフルーツをまとめたので、参考にしてください。

ビタミンミネラルが多いフルーツ
フルーツ名 入っているビタミンミネラル
パイナップル ビタミンB1
みかん ビタミンB1、B2
バナナ ビタミンB6、カリウム
キウイ ビタミンC、カリウム
グレープフルーツ ビタミンC

 

 

フルーツを食べるだけダイエットの正しいやり方

ここからは3つのフルーツを選んで、ダイエットする方法をお伝えしていきます。

あなたの好きなフルーツを選んで食べるだけなので、ストレスが溜まらずに脂肪を減らすことができます。

しかし、食べ方によっては太りやすくなるのがフルーツです。

ここでしっかり正しい食べ方を見てフルーツを食べるようにしましょう!

※3つのダイエット方法のうちの1つを選びましょう。

 

キウイを夜ご飯の前に食べるだけダイエット

キウイのダイエット方法

夜ご飯を食べる前に、キウイを2つ食べると痩せやすくなります。

キウイの食物繊維が食欲を抑え、脂肪の吸収を防いでくれるからです。

キウイを食べることで食事量が減るので、カロリーも抑えられます。

 

朝にグレープフルーツの香りを嗅ぐだけダイエット

グレープフルーツのダイエット方法

朝起きたら、グレープフルーツの香りを嗅ぐようにしましょう。

グレープフルーツの香りは脂肪燃焼のスイッチを入れてくれるので、その日1日の代謝が上がります。

また、食事前にグレープフルーツを1つ食べると、苦味が食欲を抑えてくれる効果もあります。

 

みかんを3食の食前に1つ食べるだけダイエット

ダイエット中でも太らないみかんの食べ方

みかんはビタミンが豊富で、脂肪が燃焼されやすくなるフルーツです。

食物繊維も含まれているので、脂肪の吸収が抑えられますが食物繊維の量があまり多くありません。

そこで、カロリーの低さを生かして3食の食前にみかんを1つ食べるようにしましょう。

そうすれば脂肪の吸収を抑えることができます。

 

ここからは、ダイエットにおすすめのフルーツを10種類ご紹介していきます。

ランキングは、次の4つのポイントを総合的に見て決めました。

ここにタイトル
  1. カロリー
  2. 水分量
  3. 食物繊維
  4. ビタミンミネラル

では、最もダイエットにおすすめの1位のフルーツから見ていきましょう。

※黒い星が多いほど評価の高いフルーツです。

 

1位 キウイ

キウイの総合評価
キウイの栄養成分
カロリー 53Kcal
水分量 84.7%
食物繊維 2.5g
ビタミンB1、B2、C 00.1mg、00.2mg、140mg
カリウム 33mg

キウイは食物繊維が豊富に含まれていて、満腹感が出やすいフルーツです。

水分も多く、1つあたりのカロリーが56Kcalしかありません。

特に、アンチエイジング効果のあるビタミンCは、レモンよりも多く含まれています。

 

2位 グレープフルーツ

グレープフルーツの総合評価
グレープフルーツの栄養成分
カロリー 38Kcal
水分量 89.0%
食物繊維 0.6g
ビタミンB1.B2.C 00.7mg、00.3mg、36mg
カリウム 140mg

グレープフルーツは、食べるだけで脂肪の吸収を抑えることができます。

さらに、グレープフルーツの香りは、嗅ぐだけで脂肪燃焼のスイッチがオンになります。

カロリーも1つあたり38Kcalしかないので、太る心配もありません。

 

3位 みかん

みかんの総合評価
みかんの栄養成分
カロリー 43Kcal
水分量 87.8%
食物繊維 0.4g
ビタミンB1.B2.C 00.7mg、00.3mg、35mg
カリウム 130mg

みかんは食物繊維とビタミンが豊富で、脂肪が減りやすいフルーツです。

また、ビタミンCが豊富でアンチエイジング効果も期待できます。

カロリーが約50Kcalしかないので、1日に3つまでなら食べても問題ありません。

 

4位 バナナ

バナナの総合評価
バナナの栄養成分
カロリー 86Kcal
水分量 75.4%
食物繊維 1.1g
ビタミンB1.B2.C 00.5mg、00.4mg、16mg
カリウム 360mg

バナナは1本あたり86Kcalと、少しカロリーが高めです。

しかし、カリウムが豊富に含まれており、デトックス効果が期待できるフルーツです。

炭水化物が多い分、朝のエネルギー補給ができて代謝を下げずにダイエットすることができます。

 

5位 りんご

りんごの総合評価
りんごの栄養成分
カロリー 57Kcal
水分量 84.1%
食物繊維 1.4g
ビタミンB1.B2.C 00.2mg、0mg、4mg
カリウム 120mg

りんごは水分が多く、1つあたり57Kcalと低カロリーです。

それに加えて、りんごにはポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールは抗酸化作用が強く、アンチエイジング効果があります。

 

6位 プルーン

プルーンの総合評価
プルーンの栄養成分
カロリー 40Kcal
水分量 86.2%
食物繊維 1.9g
ビタミンB1.B2.C 00.3mg、00.3mg、4mg
カリウム 220mg

プルーンは1つあたり40Kcalしかないので、食べても太る心配がありません。

それだけではなく、食物繊維が豊富なので脂肪の吸収を抑えてくれる効果もあります。

他のフルーツと比べても血糖値が上がりにくいのも特徴です。

 

7位 いちご

いちごの総合評価
いちごの栄養成分
カロリー 5Kcal
水分量 90.0%
食物繊維 1.4g
ビタミンB1.B2.C 003mg、002mg、62mg(100gあたり)
カリウム 170mg

いちごは約90%が水分なので、甘くても太りにくいフルーツです。

7つほど食べてもカロリーが40Kcal程度なので、満足いくまで食べることも可能です。

また、ビタミンミネラルも豊富なので、脂肪の燃焼をサポートしてくれます。

 

8位 イチジク

イチジク
イチジクの栄養成分
カロリー 34Kcal
水分量 84.6%
食物繊維 1.9g
ビタミンB1.B2.C 003mg、003mg、2mg
カリウム 170mg

イチジクは食物繊維が豊富で、便秘の解消が期待できるフルーツです。

1つあたり34Kcalしかないので、太る心配もありません。

 

9位 パイナップル

パイナップルの総合評価
パイナップルの栄養成分
カロリー 51Kcal
水分量 85.5%
食物繊維 1.5g
ビタミンB1.B2.C 008mg、002mg、27mg
カリウム 150mg

パイナップルはビタミンが豊富で、脂肪の燃焼をサポートしてくれます。

タンパク質の吸収を助ける働きもあるので、運動と合わせて食べると筋肉量の減少を防ぐこともできます。

その結果、代謝の低下を抑えることができるのです。

 

10位 梨

梨の総合評価
梨の栄養成分
カロリー 43Kcal
水分量 88.0%
食物繊維 0.9g
ビタミンB1.B2.C 00.2mg、0mg、3mg
カリウム 140mg

梨は90%近くが水分なので、カロリーが低いです。

朝ごはんに食べると今まで食べていた分のカロリーが抑えられて、痩せやすくなることが期待できます。

 

ダイエット中にたべても痩せる甘い食べ物

ここではダイエット中でも食べられる、甘い食べ物をご紹介します。

甘いのにも関わらず、糖質がほとんど含まれていないので安心して食べることができます。

フルーツに飽きてしまったら食べるようにしてください。

まずはプロテインバーのご紹介です。

 

プロテインバー

シンサ6 プロテインバー

タンパク質が1本で20gも摂れる食べ物です。

チョコレート味などがあり、お菓子のような甘さを感じることができます。

糖質は4gしか入っていないので、太る心配もありません。

Amazon価格:4500円

 

プロテイン

バルクスポーツのプロテイン

プロテインは甘い味が多く、女性が好んで飲むことも多くなっています。

また、満腹感も得られることから間食に最適です。

Amazon価格:1kg 3,501円

 

まとめ

今回ご紹介したダイエット方法を実践すると、フルーツを食べるだけで痩せることができます。

フルーツはビタミンミネラル、食物繊維などダイエットに効果的な成分がたくさん含まれているからです。

しかし、フルーツは甘いので食べ方によって太ってしまいます。

もし、フルーツを食べてダイエットをするなら、今回ご紹介したダイエット方法で行うことをおすすめします。

ダイエットは1日のカロリーを抑えて、食事量を調節することも重要です。

フルーツダイエットを行うのと同時に、食生活も見直しましょう。

ダイエットe-Bookの画像(PC用)
fruit-image

札幌でパーソナルレーニングなら"ひのまる整骨院"

自分でダイエットを始めたり、スポーツクラブに通っていても効果が出ないとダイエットを諦めていませんか? 私たちは、医療資格を取得しているより専門的なパーソナルトレーニング のサービスを提供しています。
  1. ・正しい食事方法
  2. ・短期間で変わる筋トレ方法
  3. ・医療知識が豊富だから、色々な相談が出来る
など、あなたの悩みをまずは"無料相談"から始めてみませんか? 下記のボタンをタップして予約フォームへ進むかお急ぎの方は、011-790-6910までお電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください