知らないと損する ダイエットの効率を上げるおすすめの飲み物7選

ダイエットドリンクのアイキャッチ画像
無料ダイエットガイドブックのバナー

ダイエットするなら食事制限!

皆さんもダイエット中の食事では糖質に気をつけたり、脂質を抑えたりしますよね。

ですが、飲み物はどうでしょうか?

キンキンに冷えた炭酸飲料や、筋トレや有酸素運動などの運動中にスポーツドリンクを飲んだりしていませんか?

ダイエット中は食事には気をつけていも、飲み物まで目を向ける人はあまりいないかもしれません。

しっかり食事を制限しているのに思ったように痩せない方は、糖分が含まれている飲み物や、冷たい飲み物が原因かもしれません。

飲み物に含まれている糖分は吸収されやすいので太りやすく、冷たい飲み物は内臓を冷やしてしまいます。

その結果、飲み物で太りやすい体質になってしまっている方がとても多いんです。

今回は痩せやすい体質を作る飲み物をご紹介していきます。

ダイエットには食事制限が必要なので、飲み物だけでダイエットは出来ません。

しかし、飲み物にはダイエットの効率を上げてくれる効果がたくさん存在します。

この記事を読むことでダイエットにどんなドリンクを飲むと効果的なのかわかるようになっています!

ダイエット中の飲み物で気をつけること

ダイエットをしている間は飲み物にも気をつけなければいけません。

食事を頑張っているからといって好きな飲み物ばかり口にしていると、かえって太りやすくなるんです。

 

糖分が多い飲み物は太る原因になる

飲み物なんてそんなにカロリーがないから大丈夫!と油断をしている人はいませんか?

糖分にはいくつか種類があります。

その中でも飲み物に多いとされているのが、果糖とブドウ糖です。

ジュースには果糖とブドウ糖が多く含まれている

果糖とブドウ糖は吸収がとても早いため、消費されなかった分はすぐに脂肪として蓄積されてしまいます。

液体で吸収されて、食べ物のように消化する手間も省けるので食事から摂る糖分よりも太りやすいんです。

 

糖分と糖質の違いは?

糖質は糖分や果糖を総称する栄養素なので、全く同じものと言えます。

糖質は主に次の3つに分けられます。

  • 単糖類
  • 二糖類
  • 多糖類

それぞれ糖質の最終形態であるブドウ糖が、いくつ集まっているかで分けられています。

糖分とは一般的に砂糖のことを指しますが、二糖類に分類されます。

果糖は単糖類に分類されます。

 

冷たい飲み物は内臓が冷えてダイエットの効率が下がる

運動をしたり喉が渇いたりすると、冷たくて美味しい飲み物が飲みたくなりますよね。

しかし、冷たい飲み物は内臓を冷やしてしまいます。

ダイエット中に飲んでも良いものとダメな飲み物

内臓が冷えてしまうと内臓脂肪が増えやすくなり、基礎代謝も低下します。

せっかく食事制限をして運動をしても、冷たい飲み物によって痩せづらい体質になってしまうんです。

ダイエット中は冷たい飲み物はなるべく避け、常温か温かい飲み物を飲むようにしましょう。

 

お酒はウィスキーなどの蒸留酒に変える

ダイエット中だけどお酒が好きで、飲み物の中でもお酒だけは我慢が出来ないという方はお酒の種類を変えましょう。

ダイエット中に飲んでも良いお酒の種類

ビールや日本酒などの醸造酒は糖質が高く、脂肪として溜まりやすい性質があります。

蒸留酒である焼酎、ウィスキー、ウォッカなどは作られる過程で糖質がカットされるので糖質が含まれていません。

お酒は太るから…と我慢してしまい、ストレスを溜めるのはダイエットにとって良くありません。

蒸留酒に変えて、少しでもストレスを溜めずにダイエット出来るようにしていきましょう。

どうしてもお酒を飲みたいというときだけにしましょう。なぜならアルコールを摂取すると脂肪が燃焼されなくなります。

 

ダイエットの効率を上げるおすすめな飲み物7選

ここではダイエットに役立つ飲み物を7つご紹介していきます。

それぞれの効果も合わせてご覧ください。

7つの中から自分の好きな物を選んで活用してください。

嫌いな飲み物だと継続出来ない可能性が高いので、気をつけましょう。

 

プロテインでタンパク質摂取

プロテインの写真

プロテインには約20gのタンパク質が含まれている製品もあります

プロテインはタンパク質が摂取できるサプリメントで、筋肉増強剤ではありません。

ダイエット中は基礎代謝が落ちないようにするのが重要ですが、タンパク質が不足すると筋肉がなくなっていきます。

筋肉がなくなってしまうと基礎代謝が落ち、思うようにダイエットが進みません。

プロテインならすぐにタンパク質を摂取できるので、基礎代謝が落ちにくくなるんです。

朝食をプロテイに置き換えれば、カロリーも抑えることが出来るので女性には特におすすめです。

プロテインについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

 

白湯で内臓を温める

白湯

白湯は温めただけの水ですが、内臓が温まるので代謝がアップします。

女性や脂肪の多い人は冷え性の方が多く、血行が悪くなっていることが多いです。

白湯を飲むことで血行を促進し、代謝を上げることが出来るのでダイエットに効果的です。

内臓の温度が上がることで老廃物の排出も活発化されるので、デトックスの効果もあります。

 

白湯を飲む時間帯

白湯を飲むと良いとされてる時間は

  • 朝起きてすぐ
  • 各食事中

朝起きてすぐに白湯を飲むことで、内臓の働きが活発になります。

朝食を食べる頃には、消化吸収が普段よりも良くなっているのでおすすな時間帯です。

一日に3回〜4回で白湯を飲みましょう。

飲む量は特別気にする必要はありませんが、大体1日に800ml飲むのが効果的とされています。

 

白湯の作り方

水が沸騰するまでケトルなどで温めて、飲める温度まで冷ましてから飲みましょう。

水は特別な物を用意しなくても、市販の水や水道水で大丈夫です。

 

コーヒーで脂肪燃焼効果アップ

コーヒーの写真

コーヒーに含まれているカフェインは脂肪の燃焼を助けてくれます

コーヒーに含まれているカフェインには、脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化させる働きがあるため脂肪燃焼効果がアップします。

筋トレや有酸素運動の30分前に飲むことで、脂肪燃焼を高めてくれるのでコーヒーを飲んでから頑張りましょう!

飲むタイミングを間違えると逆効果!コーヒーダイエット3つの効果

2018.03.24

 

コーヒーの飲み過ぎには注意が必要

コーヒーは飲みすぎるとカフェイン中毒になってしまい、コーヒーを飲むのが辞められなくなってしまいます。

カフェイン中毒は食欲不振や吐き気などに襲われてしまうこともあります。

ダイエットに効果的だからといって大量に飲まず、朝と運動前の2杯までに抑えておきましょう。

 

緑茶は脂肪の吸収を防ぐ

お茶の葉の写真

緑茶に含まれているカテキンはダイエットに効果的です

緑茶に含まれているカテキンは脂質の吸収を抑えてくれたり、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があります。

カフェインも一緒に含まれているので脂肪燃焼効果もアップします。

お茶ダイエットの本当の効果?お茶だけでダイエットは出来ない理由

2018.02.11

 

飲むタイミングと量

緑茶は筋トレや有酸素運動の30分前、食事中に飲むのがおすすめです。

運動前に飲むことで筋トレや有酸素運動による脂肪燃焼効果を高めてくれます。

食中に飲むことで脂質の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇を緩やかにすることが出来ます。

コーヒーとは違い、10杯程度飲んでも緑茶は問題ありませんが飲み過ぎには注意しましょう。

 

紅茶で脂質の吸収を抑える

紅茶の写真

紅茶ポリフェノールが脂肪の吸収を抑えてくれます

紅茶には紅茶ポリフェノールと呼ばれる成分が含まれています。

紅茶ポリフェノールには脂質の吸収を抑える働きがあるので、太りにくくなります。

緑茶と同様にカフェインも含まれているので脂肪燃焼効果もアップします。

飲むタイミングと量

1日に3杯を目安にして飲みましょう。

食事中から食後30分の間に飲むのが効果的です。

 

炭酸水で空腹を抑える

炭酸水の写真

写真にはオレンジが入っていますが、糖質が含まれていない炭酸水を選びましょう

炭酸水は食事の前に飲むことで満腹感を得られるので、食べる量を抑えることが出来ます。

200ml以下の量だと逆に食欲が促進されてしまうので、500mlは食前に飲んでおくのがおすすめです。

さらに炭酸水が腸の動きを活発化させ、便秘の解消にも繋がるのでポッコリお腹も改善出来ます。

ダイエット中に便秘になりやすい理由とたった4つの改善法

2017.12.23
炭酸水は糖質の含まれていない物を選んでください。

 

豆乳は糖質と脂質の吸収を抑える

豆乳

豆乳は食事で摂った糖質と脂質に吸収を抑えてくれる効果があります。

そのほかにも

  • 便秘解消
  • むくみ改善
  • 気持ちを落ち着かせる

効果があるので、女性には特にオススメの飲み物です。

 

飲むタイミングと量

豆乳は食事の30分前くらいにコップ1杯飲むようにしましょう。

 

ダイエット中は飲み物をたくさん飲む!その理由とは?

ダイエットに良いお茶やコーヒーでも、飲んでいるだけではダイエットができません。

ですが、ダイエット中に飲み物をたくさん飲むことは、とても重要です。

ダイエットが思うようにいかずに、飲み物に目を向けているそこのあなた!

飲み物をたくさん飲むことはダイエットにとって重要なことなので、安心して飲みましょう。

 

水分が少ないと代謝がうまくいかない

ダイエット中は少なからず食事を制限しますよね。

そうすると今まで食事から摂れていた水分が不足して、代謝が落ちていきます。

血流なども悪くなるのでむくみやすくもなります。

 

便秘にもなる

水分不足になると便秘にもなります。

もしかすると、あなたは既に便秘気味なのでは?

ダイエットには便秘がつきもので、女性は特に便秘になりやすいです。

水分が少なくなると、便が固まってしまって出られなくなってしまいます。

水分を摂っていれば、便秘も防ぐことが出来るんです。

 

1ℓ〜2ℓの水分を摂ろう

水分は1日に1ℓ〜2ℓは摂るようにしましょう。

コーヒーなどのカフェインが多く含まれているものだと、カフェインの過剰摂取になってしまいます。

できれば水で8割くらいの水分を摂り、残りをコーヒーやお茶などにしましょう。

 

ダイエット中に控えた方が良い飲み物

意外な飲み物がダイエット中には控えるべきと言われています。

もし現在飲んでいるものがあれば今後は控えるようにしましょう。

 

100%の果物ジュース

フルーツジュースの写真

オレンジジュースやりんごジュースは体に良い気がするので飲む人も多いと思います。

しかし、果物のジュースに含まれている果糖は他の糖分と違って、とても吸収が良いので太りやすいです。

どうしても飲みたい場合は1日にコップ1杯に抑えておきましょう。

 

スポーツドリンク

スポーツドリンクは運動中の糖分や塩分が不足しないようにする飲み物です。

運動中に糖分や塩分が不足してしまうと、パフォーマンスに影響が出るためです。

ダイエット中はパフォーマンスを高める必要があることは滅多にないので、運動中は水を摂取するようにしましょう。

 

野菜ジュース

野菜ジュースの写真

Photo credit: marcoverch on Visualhunt / CC BY
ご自身で調理された味の調整をしていないスムージーなどであれば問題ありません

市販されている野菜ジュースは、味の調節のために糖分と塩分が多く含まれています。

野菜の価格は高騰していて手が出しづらいという方は、野菜ジュースを選択したくなると思いますが避けたほうが良いでしょう。

 

飲み物だけではダイエット出来ない理由

飲むだけでダイエット出来る飲み物はありません。

メディアなどでも飲むだけで痩せると紹介されるものもありますが、しっかり食事制限も行われています。

ではなぜ飲み物だけではダイエットが出来ないのでしょうか?

 

食事のカロリーが飲み物のカロリーより圧倒的に多い

コーラ1本(500ml)は225Kcalですが、カレーライスは1食で700Kcalほどになります。

このように飲み物で摂るカロリーより、食事で摂るカロリーの方が圧倒的に多いです。

「じゃあ食事の代わりに飲み物を飲めばいいんだ!」と考える人もいるかもしれませんが、それは既に食事制限で置き換えダイエットとなります。

飲むだけで脂肪の燃焼を促進したり、脂肪を分解したりする飲み物はありますがそれだけでは痩せることが出来ないのです。

 

飲み物はダイエットの効率を上げてくれるサポート役

飲み物だけでダイエットが成功することはほとんどありません。

ダイエットは摂取カロリー<消費カロリーが原則なので、食事制限が必要です。

これからダイエットをする、現在ダイエットをしている人は食事制限にプラスして飲み物を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

飲み物だけでダイエットは成功しませんが、効率よく確実にダイエットするなら飲み物選びは重要です。

ダイエット中の飲み物を選ぶときは

  1. 糖分が含まれている飲み物を避ける
  2. 冷たいものは飲まない

以上の2つを守るようにしましょう!

ダイエットe-Bookの画像(PC用)
ダイエットドリンクのアイキャッチ画像

札幌でパーソナルレーニングなら"ひのまる整骨院"

自分でダイエットを始めたり、スポーツクラブに通っていても効果が出ないとダイエットを諦めていませんか? 私たちは、医療資格を取得しているより専門的なパーソナルトレーニング のサービスを提供しています。
  1. ・正しい食事方法
  2. ・短期間で変わる筋トレ方法
  3. ・医療知識が豊富だから、色々な相談が出来る
など、あなたの悩みをまずは"無料相談"から始めてみませんか? 下記のボタンをタップして予約フォームへ進むかお急ぎの方は、011-790-6910までお電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください